MENU
kana / iroand
iro and(イロアンド)という活動名で描いたり、書いたり、喋ったり。自然な暮らしを生活に取り入れる試行錯誤が好きで、暮らしを丸ごと愉しみたいと考えています。心の師匠は、花森安治。好きな音楽はHARUKA NAKAMURA

様々な暦を通して知る、自分だけの暦

こんにちは。手帳が大好きな綿子です。

〝暦〟とひとことで言っても様々な暦があることをご存知でしょうか?

一般的なカレンダーはグレゴリオ暦(太陽暦)を始め、他にも月の満ち欠けを基にした太陰暦、マヤ歴、13の月の暦…少し違いますが二十四節季。

などなど、この世界には色んな暦があります。

私は色んな暦を気の向くままにちょい齧りして、取り入れています。笑

曜日や日付がごっちゃになるくらいが、ちょうどいい

数年前に13の月の暦について学ぶ講座を受けた時、「13の月の暦と普通のカレンダーがごっちゃになりませんか?」という質問を受けてこよみ屋さんが、

「ごっちゃになるくらいが丁度いい。今日が何曜日で何日か、分からなくなるくらいで丁度いい。まぁ、でも、実際はならないけどね。」と答えているのを聞いて「なるほど!」と感動したのを覚えています。

ごっちゃになることで、自分の中だけに存在するリズムやサイクル、タイミングといったものが感じやすくなるのかもしれない。そう思うと、すごくワクワクしました。

私は、一人一人の中にいろんな時間の流れが存在していて、それらが絶妙なバランスでその人だけのリズムやサイクル、タイミングを生み出しているんじゃないかと考えています。

そして、外側から与えられる暦のリズムは私たちが思ってる以上に、身体や心に影響しているのではないか…とも、考えています。

⁡こよみ屋さんは、「グレゴリオ暦は人間が作った暦で、生産性を高めるのに適したリズムを持っている。でも、そのリズムは不自然なものなので、人を不自然にしてしまう。」とも言っていて

⁡そうなると人は不調和を起こし、いつしか壊れてしまうのではないか。それが、現代で起こっていることに繋がっているんじゃないのかな。と、そんな風に思っていました。

みんなの中にその人だけの暦がある気がする

⁡近年、月の満ち欠けのリズムを取り入れる女性が増えていることは、私の中でとっても喜ばしいことであり、自然の一部である私たちがそれを求めることは、とても自然なことだなぁと感じています。

でも、月の満ち欠けだけじゃなく13の月の暦や二十四節季、マヤ暦なんかも面白い。他にも私が知らない暦がこの世界には沢山あるんだろうなぁ。

⁡そんなことを考えていたら、何故、自分がこんなにも様々サイクルの手帳や日記やノートを使ってるのかも、なんだか合点がいく気がしてきました。

⁡一瞬、1日、1週間、28日間、1ヶ月、そして、3年。10年。

⁡これだけ様々な時間のものを使いながら、自分の中にあるリズムやサイクル、タイミングといったものを、身体を通して知ろうとしていたのかもしれない。

⁡自我の私では分からなくとも、やっぱり本当の私は知ってる。そして、もう既にやってるんだなぁと改めて感動しました。

みなさんの中にはどんなリズム、サイクル、タイミングといった暦が存在しているのでしょうか?それは、外側にある暦ではなく、自分の内側を感じた時に初めて感じられるのかもしれません。

それでは最後までお読みくださり、ありがとうございました。

今年使っている手帳はこちら

綿子 / iro and
iro and(イロアンド)という活動名で描いたり、書いたり、喋ったり。自然な暮らしを生活に取り入れる試行錯誤が好きで、暮らしを丸ごと愉しみたいと考えています。心の師匠は、花森安治。大好きなことは宇宙研究。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!