MENU
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

ますますお金が自由になっていく

先日、前からずっとしたかった
開業届けを出しにいきました。

屋号は〝 iro and 〟(イロアンド)

2年前には、まさかこんな風になるとは1ミリも想像できなかった。まだノートワークも知らなかったし、瞑想もできない、感じられない。自分のことが分からない。そんな状態でした。

昨年コロナちゃんの影響もあって、お金が文字通り吹っ飛び底をついたことをきっかけに、お金のテーマにガッツリ取り組みました。(沢山話を聞いてくれて、支えてくれた皆さまありがとうございました。)

その過程を経て今では、お金ってとっても便利なもの私はお金を〝応援〟に使いたいな〜と思うようになりました。

現状、お金を沢山稼いでいるわけでも、持っているわけでも無いのだけれど、投資(企業もだけど特に個人の方)投げ銭といったサポート、寄付、納税、なんかに使ってみたい。お金を使う時は〝応援〟の気持ちも乗せて使いたいな。そんな風に考えてやっています。

子どもが大きくなって進学…なんて遠い未来を想像するとまだ未知すぎて、「お金…ない…大丈夫かしら…。」って不安は湧き上がってくるけど、今に戻ると、、、何も心配ない。(笑)

どうにかなる気がするし、
どうにかなる気しかしない。

そんな風に変わったのは、その気になれば私はお金をいくらでも生み出せるんじゃないか。なんなら、必要な時になれば勝手入ってくるんじゃないか。と、全く根拠のない謎の考えが湧くようになったこと。(笑)

本当に根拠はないけれど…なんだか、お金に対する信頼感が芽生え育って〝きている〟気がしています。

稼げる = 価値がある

そんな思い込み、刷り込み、固定観念が私たちにはあるのではないかと思います。それは今までの、この社会の在り方基本となる土台がそうだったから。でも、稼げても稼げなくても私たち一人一人の存在の価値は一切変わりません。なんなら、

お金 = 稼いで得るもの

というものすら、そもそも無いのではないかと
私は感じています。稼いでも稼がなくても存在価値は一ミリも変わらず、お金は稼がなくても自然と、勝手に入ってくるもの。なのだとしたら…?私たちの可能性や見える世界の高さ、広さ、奥行きがどんどん変わって行く気がします。

物(物質)と交換でお金が動く時代から、情報や体験といった、目に見えないサービスと交換でお金が動く時代。その先には…

物も、情報も、サービスも〝何も動かなくともお金が動く〟時代が、存在しているのではないかなぁとそんな風に考えては楽しみにしている。それに向けて、まずは私自身から〝応援〟というものへお金を使っていこうと思います。

それができる時期、それが大々的に受け入れられる時代に来ている。その時代にこうして生きている。それってとっても有り難く面白いことだなぁと考えています。

𝗂𝗋𝗈 𝖺𝗇𝖽 ∞ #紡ぐ日々、

/ 𝟤𝟢𝟤𝟤𝟢𝟤𝟤𝟦


cotogoto tumugu


  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
contents